事例でおさえる民法 改正債権法の口コミ・書評
4.81
カテゴリー
紹介文章

紹介

平成29年改正後の債権法を実践で“おさえる”! 主要な論点につき,具体的な設例とその帰結を通して学ぶテキスト。流れるような行き届いた解説が,知識と思考をすっきりと整理する。民法を得意にしたい法科大学院生,学部生,実務に携わる人のための1冊。

目次

第1講 法律行為と意思表示
第2講 代理
第3講 法律行為の無効・取消しと原状回復義務
第4講 時効
第5講 契約上の債務不履行1(1)──履行不能
第6講 契約上の債務不履行(2)──履行遅滞,履行拒絶及びその他の債務不履行
第7講 弁済の提供,種類物の特定と受領遅滞
第8講 債権者代位権
第9講 詐害行為取消権
第10講 多数当事者の債権関係(1)──保証を除く
第11講 多数当事者の債権関係(2)──保証
第12講 債権譲渡と債務引受
第13講 弁済その他の債務消滅原因
第14講 売買契約
第15講 賃貸借契約
第16講 請負契約

レビュー
4.81
5 星
100%
4 星
0%
3 星
0%
2 星
0%
1 星
0%
内容
4.50
コスパ
5.00
おすすめ度
5.00
1 - 1 を表示しています
豊富な事例問題で改正法を網羅的に理解できる
4.8
|
各改正分野について短文から長文問題事例があり、改正民法の基礎的な理解が身に付きます。 答案例はありませんが、解説部分では改正への […]
2投票

※旧版の口コミも含みます。

投稿者情報
人気書籍

カンタン1分登録で今すぐ会員になりませんか?

法律書籍に特化した会員限定の口コミサイトだからこそ、クオリティーの高い口コミが投稿されています。
会員は、すべての口コミを無料で閲覧することができます。あなたの情報収集が段違いに楽になります。

error: Content is protected !!
Scroll to Top