はじめての行政法の書評・口コミ
カテゴリー
紹介文章

紹介

「まさに『はじめて』にぴったりの本」「説明が整理されていて楽に,楽しく通読できる」と好評を博している初学者向けの行政法テキスト。新判例や法改正,社会状況の変化をフォローした第5版。巻末の「全体の見取り図」と「行政法(学)関係年表」も充実。

目次

序 章 はじめに
第1章 行政は誰が行うか──行政主体・行政機関
第2章 行政法の基本的な考え方──行政作用の一般理論
第3章 行政はどのように行われるか──行政の行為形式
IntermezzoⅠ 手続と不服審査と訴訟
第4章 行政活動を実現する手段──行政の実効性確保
第5章 国民の権利利益の救済方法⑴──行政作用を是正する行政争訟制度
IntermezzoⅡ 1次試験,2次試験
第6章 国民の権利利益の救済方法⑵──金銭によって償う国家補償制度
終 章 おわりに
巻末 「全体の見取り図」「行政法(学)関係年表」

著者プロフィール

石川 敏行  (イシカワ トシユキ)  (著・文・その他

中央大学講師・前運輸安全委員会委員

藤原 静雄  (フジワラ シズオ)  (著・文・その他

中央大学教授

大貫 裕之  (オオヌキ ヒロユキ)  (著・文・その他

中央大学教授

大久保 規子  (オオクボ ノリコ)  (著・文・その他

大阪大学教授

下井 康史  (シモイ ヤスシ)  (著・文・その他

千葉大学教授

レビュー

※旧版の口コミも含みます。

投稿者情報
人気書籍

カンタン1分登録で今すぐ会員になりませんか?

法律書籍に特化した会員限定の口コミサイトだからこそ、クオリティーの高い口コミが投稿されています。
会員は、すべての口コミを無料で閲覧することができます。あなたの情報収集が段違いに楽になります。

error: Content is protected !!
Scroll to Top