3.62
82
基本情報
定価
¥3,300

※一部税込価格の表示となっております。

発売日
ページ数
548頁
特徴
AIレビュー
ソフトカバー
ハードカバー
事項索引
判例索引
条文索引
横書き
縦書き
内容紹介

「三段階審査」を基軸とする本格的体系書の決定版。『憲法Ⅱ』への連携を完成させるとともに、裁判例等、全体をアップデートした。

目次

第1部 基本権総論
第1章 人権と基本権
第1節 「基本権」と「基本的人権」
第2節 基本権と基本権規範
第2章 基本権の主体と範囲
第1節 基本権の主体
第2節 基本権の範囲
第3章 三段階審査の手法
第1節 総 説
第2節 基本権の保護領域と基本権制限
第3節 制限の正当化
第4章 三段階審査以外の審査手法
第1節 総 説
第2節 立法裁量に関するさまざまな審査手法
第3節 基本権と行政裁量審査
第4節 比較衡量
第2部 基本権各論
第5章 包括的基本権
第1節 総 説
第2節 個人の尊厳
第3節 生命・自由および幸福追求に対する国民の権利
第4節 一般的行為自由保障の意義
第6章 法の下の平等
第1節 総 説
第2節 日本国憲法が定める平等保障
第3節 平等原則(平等権)適合性審査の基本型
第4節 判例における別異取扱いに関する正当化審査の展開
第5節 別異取扱いの正当化審査における立法裁量を枠づける諸手法
第6節 平等原則違反の場合の救済方法
第7章 思想・良心の自由
第1節 総 説
第2節 保護領域
第3節 制限(制約)
第4節 正当化
第5節 思想・良心の自由と行政裁量審査
第8章 信教の自由と政教分離原則
第1節 総 説
第2節 信教の自由と三段階審査
第3節 信教を理由とする一般的法義務の免除の可否
第4節 政教分離原則と二段階審査の手法
第5節 「かかわり合い」が「相当とされる限度を超えるものか」の審査と政教分離事件の諸類型
第6節 政教分離原則と信教の自由の「緊張関係」
第9章 学問の自由
第1節 総 説
第2節 権利としての学問の自由
第3節 大学の自治
第10章 表現の自由
第1節 総 説
第2節 表現の自由
第3節 知る権利
第4節 報道・取材の自由
第5節 放送の自由
第6節 通信の秘密およびインターネット上の表現の自由
第11章 集会・結社の自由
第1節 総 説
第2節 集会の自由
第3節 集団行動の自由
第4節 結社の自由
第12章 手続的権利と人身の自由
第1節 手続的権利総説
第2節 手続的権利各説
第3節 人身の自由
第13章 職業の自由
第1節 総 説
第2節 保護領域
第3節 制 限
第4節 正当化
第14章 財産権
第1節 総 説
第2節 財産権の内容形成とその統制
第3節 既得の財産的権利の保障
第4節 損失補償
第15章 生存権
第1節 総 説
第2節 生存権の権利内容
第3節 環境権
第16章 教育を受ける権利
第1節 総 説
第2節 教育を受ける権利
第3節 義務教育の無償
第17章 労働権・労働基本権
第1節 勤労の権利
第2節 労働基本権
第18章 参政権
第1節 総 説
第2節 選挙権
第3節 被選挙権(立候補の自由)
第4節 選挙運動の自由
第5節 請願権
第19章 国務請求権
第1節 総 説
第2節 裁判を受ける権利
第3節 国家賠償請求権
第4節 刑事補償請求権
第20章 家 族
第1節 総 説
第2節 婚姻をするについての自由
第3節 家族生活における個人の尊厳と両性の平等

レビュー
3.62
5 星
0%
4 星
50%
3 星
50%
2 星
0%
1 星
0%
内容
4.00
コスパ
3.50
おすすめ度
3.25
1 - 2 を表示しています
メインテキストというよりも辞書向きかも?
【R4憲法】優秀Review
|
4.2
|
LSの授業で参考文献として挙げられていたため、購入しました。 三段階審査を意識した記述で芦部憲法などに比べると丁寧な説明がなされて […]
2投票   44
三段階を意識して書かれた本
3.0
|
この書籍は,三段階審査を意識して記述されており,新司法試験の答案を書く際の参考になります。 もっとも,近年は,原告の立場,被告の立 […]
18

※旧版の口コミも含みます。

この書籍の口コミを募集しています
あなたも口コミをシェアしませんか?
あひるっぺ

ログイン不要で簡単に投稿できるよ!

口コミ
レビューの評価
3.62
5 星
0%
4 星
50%
3 星
50%
2 星
0%
1 星
0%
内容
4.00
コスパ
3.50
おすすめ度
3.25
1 - 2 を表示しています
メインテキストというよりも辞書向きかも?
【R4憲法】優秀Review
|
4.2
|
LSの授業で参考文献として挙げられていたため、購入しました。 三段階審査を意識した記述で芦部憲法などに比べると丁寧な説明がなされて […]
2投票   44
三段階を意識して書かれた本
3.0
|
この書籍は,三段階審査を意識して記述されており,新司法試験の答案を書く際の参考になります。 もっとも,近年は,原告の立場,被告の立 […]
18

※旧版の口コミも含みます。

この書籍の口コミを募集しています
あなたも口コミをシェアしませんか?
あひるっぺ

ログイン不要で簡単に投稿できるよ!

こちらの書籍はいかがでしょうか。
1 - 4 を表示しています
3.86
内容紹介
1993年の初版刊行以来、多くの読者の圧倒的な支持を受け、四半世紀にわたって読みつがれてきた憲法教科書の決定版を4年ぶりに改訂。法令の改廃、新たな立法、重要判例等、この間に生じた数々の憲法変動を捉え、加筆・補訂を施した。いま、日本国憲法を理解 […]
ページ数
508頁
4.06
内容紹介
ある事件について「私の主張に沿った憲法解釈を示してほしい」と依頼されたら──リアリティのある架空事案とともに,当事者の立場に立ったときに,いかに事実を読み取り,条文・判例を解釈し,論証を組み立てるかを学ぶ,新しいタイプの憲法演習。
定価
¥2,640
ページ数
258頁
4.05
内容紹介
旧司試過去問→主張・反論型にアレンジ。司法・予備論文対策に最適の演習素材。憲法答案の書き方が権利ごとに含最新司試3年分・予備統治過去問解説。
定価
¥2,860
ページ数
392頁
3.85
内容紹介
憲法事例問題を解くために最も実践的なテキスト、遂に完成! 『事例研究 憲法』の木下教授と、大人気ブログ「憲法の流儀」の伊藤弁護士の最強コラボ 判例の示す「規範」とは何か。 それをどう事例に当てはめるのか。 各権利・自由につき、意義、内容、 […]
定価
¥3,300
ページ数
355頁
4.35
内容紹介
判例を徹底的に読み込む、それこそが法曹実務家へと至る王道であり、法曹実務家の力の源泉である-。厳選された73の最高裁判例について、判決文を全文掲載のうえパラグラフごとに詳解、図解や設問など学習のためのサポートも充実して自学も可能な、いま最も […]
定価
¥5,060
ページ数
680頁