民事訴訟法(伊藤眞著)の書評・口コミ
4.52
カテゴリー
紹介文章

紹介

前版刊行後の法改正等をフォローし,判例や文献の追加等,全体的なアップデートを図った第7版。学習から実務まで幅広く対応する信頼の一冊。

目次

第1章 民事訴訟法への招待
第2章 受訴裁判所
第3章 当事者
第4章 訴 え
第5章 訴訟の審理
第6章 訴訟の終了
第7章 複数請求訴訟──請求の客観的併合
第8章 多数当事者訴訟
第9章 上 訴
第10章 再 審

レビュー
4.52
5 星
50%
4 星
50%
3 星
0%
2 星
0%
1 星
0%
内容
4.50
コスパ
4.50
おすすめ度
4.50
1 - 2 を表示しています
自説が多いが信頼出来る
5.0
|
他のレビューサイト,本レビューサイトでも実務説(旧訴訟物理論)を摂る一方で伊藤眞先生の自説が多い,文章が固いから読みにくい,他の […]
本文のみならず脚注にも目を向ける
4.0
|
言わずと知れた基本書であるが、所々伊藤先生の個性が発揮されている。最初の一冊としてオススメできるかは分からないが、目から鱗の記載 […]

※旧版の口コミも含みます。

投稿者情報
人気書籍

カンタン1分登録で今すぐ会員になりませんか?

法律書籍に特化した会員限定の口コミサイトだからこそ、クオリティーの高い口コミが投稿されています。
会員は、すべての口コミを無料で閲覧することができます。あなたの情報収集が段違いに楽になります。

error: Content is protected !!
Scroll to Top