小説で読む民事訴訟法の書評・口コミ

基本情報
出版社
法学書院
特徴
ソフトカバー
ハードカバー
事項索引
判例索引
条文索引
横書き
縦書き
内容紹介

民訴が眠素でなくなる7つの物語。大学3年生の主人公が、アルバイト先の法律事務所で、事件や裁判実務を体験していく姿を通して、読者にも、民事訴訟法・民事裁判への具体的なイメージが湧くように工夫した。

目次

第1章 民訴は眠素?
第2章 初めての法廷傍聴
第3章 長すぎた春
第4章 借りてないけど、返した?
第5章 ピンチはチャンス?
第6章 なんでもかんでも訴訟にできる?
第7章 二つの事件

レビュー

※口コミの全文を読むためには、無料会員登録が必要です。

3.71
5 星
0%
4 星
100%
3 星
0%
2 星
0%
1 星
0%
内容
3.50
コスパ
3.50
おすすめ度
4.00
1 - 1 を表示しています
勉強の息抜きに
3.7
|
可処分時間は出来る限り勉強に充てたいと思っているのですが、息切れしてしまいました。そんな時に、息抜きななりつつ、勉強になりそうと […]

※旧版の口コミも含みます。

カンタン1分登録で今すぐ会員になりませんか?

法律書籍に特化した会員限定の口コミサイトだからこそ、クオリティーの高い口コミが投稿されています。
会員は、すべての口コミを無料で閲覧することができます。あなたの情報収集が段違いに楽になります。

error: Content is protected !!
Scroll to Top