基本刑法Ⅱの書評・口コミ
5.03
カテゴリー
紹介文章

目次

序論 刑法各論の意義と体系

1 個人的法益に対する罪

第1講 生命に対する罪
第2講 身体に対する罪
第3講 意思決定および場所的移動の自由に対する罪
第4講 性的自由に対する罪・住居侵入罪
第5講 人格的法益に対する罪
第6講 信用および業務に対する罪
第7講 財産犯総説・窃盗罪
第8講 強盗罪の基本類型
第9講 強盗罪の拡張類型――準強盗罪等
第10講 強盗罪の加重類型――強盗致死傷罪等
第11講 詐欺の罪
第12講 恐喝の罪
第13講 横領の罪
第14講 背任の罪
第15講 盗品等に関する罪
第16講 毀棄・隠匿の罪

2 社会的法益に対する罪

第17講 放火・失火の罪
第18講 文書偽造の罪
第19講 その他の社会的法益に対する罪

3 国家的法益に対する罪

第20講 賄賂罪
第21講 公務の執行を妨害する罪
第22講 犯人蔵匿罪・証拠隠滅罪
第23講 その他の国家的法益に対する罪

著者プロフィール

大塚裕史  (オオツカ ヒロシ)  (著/文

明治大学大学院法務研究科教授、神戸大学名誉教授

十河太朗  (ソゴウ タロウ)  (著/文

同志社大学大学院司法研究科教授

塩谷毅  (シオタニ タケシ)  (著/文

岡山大学法学部教授

豊田兼彦  (トヨタ カネヒコ)  (著/文

大阪大学大学院法学研究科教授

レビュー
5.03
5 星
100%
4 星
0%
3 星
0%
2 星
0%
1 星
0%
内容
5.00
コスパ
5.00
おすすめ度
5.00
1 - 3 を表示しています
欲しい情報がちゃんと載っている
5.0
|
予備校の参考答案では当たり前に充足すると考えられるような構成要件該当性の検討が飛ばされることがありますが、そのような構成要件の定 […]
初学者から予備試験合格者まで必須の1冊
5.0
|
構成要件を基軸として、定義や論点を押えていくという刑法における基礎的な勉強方法が身につく1冊である。 詳細な犯罪や、学説対立について […]
学者の先生が受験生のために書かれた基本書
5.0
|
簡単な事例を基に各構成要件やその定義、論点の問題の所在、判例、通説、他説が分かりやすく、また、丁寧に書かれています。ほぼこの基本 […]

※旧版の口コミも含みます。

投稿者情報
人気書籍

カンタン1分登録で今すぐ会員になりませんか?

法律書籍に特化した会員限定の口コミサイトだからこそ、クオリティーの高い口コミが投稿されています。
会員は、すべての口コミを無料で閲覧することができます。あなたの情報収集が段違いに楽になります。

error: Content is protected !!
Scroll to Top