労働法(水町) の書評・口コミ
4.01
カテゴリー
紹介文章

紹介

理論的な道筋を明確に示しながら,労働法の全体像とエッセンスをあざやかに描き出す。著しい動きをみせる法令改正やガイドラインの策定・改定,重要な判例の展開に幅広く目を配り,好評の事例には働く現場の実情を反映した。待望の最新第9版。

目次

第1編 労働法の歴史と機能 第1章 労働法の歴史/第2章 労働法の機能
第2編 労働法総論 第1章 労働法の基本構造/第2章 労働法上の当事者/第3章 労働法の法源
第3編 雇用関係法 第1章 雇用関係の変遷/第2章 雇用関係の内容/第3章 非正規労働者に関する法
第4編 労使関係法 第1章 労使関係の基本的枠組み/第2章 団体交渉促進のためのルール
第5編 労働市場法 第1章 雇用仲介事業の規制/第2章 雇用政策法
第6編 労働紛争解決法 第1章 日本の労働紛争の特徴/第2章 労働紛争解決システム

著者プロフィール

水町 勇一郎  (ミズマチ ユウイチロウ)  (著・文・その他

東京大学教授

レビュー
4.01
5 星
0%
4 星
100%
3 星
0%
2 星
0%
1 星
0%
内容
4.00
コスパ
4.00
おすすめ度
4.00
1 - 1 を表示しています
ケース付きのコンパクトな基本書
4.0
|
事例に基づいて体系的に学習を進めることが出来る。日本評論社の基本シリーズに似ている構成だと思います。水町先生は、本書より分厚い体 […]

※旧版の口コミも含みます。

投稿者情報
人気書籍

カンタン1分登録で今すぐ会員になりませんか?

法律書籍に特化した会員限定の口コミサイトだからこそ、クオリティーの高い口コミが投稿されています。
会員は、すべての口コミを無料で閲覧することができます。あなたの情報収集が段違いに楽になります。

error: Content is protected !!
Scroll to Top