新ケースでわかる民事訴訟法の書評・口コミ

基本情報
特徴
ソフトカバー
ハードカバー
事項索引
判例索引
条文索引
横書き
縦書き
内容紹介

重要判例に基づくケース・スタディで民事訴訟法の学説の理解と事案解決能力の確実な修得を可能にした実践型教科書の決定版。

目次

第1章 民事裁判手続の目的と構造
第2章 訴訟と非訟
第3章 管轄と移送
第4章 民事審判権の限界
第5章 当事者能力と当事者適格
第6章 法人の内部紛争と正当な当事者
第7章 第三者の訴訟担当
第8章 訴えの利益
第9章 訴訟物と処分権主義
第10章 弁論主義
第11章 自白の拘束力
第12章 形成権の行使
第13章 訴訟行為と訴訟上の和解
第14章 訴訟契約
第15章 証拠の収集
第16章 証明責任
第17章 既判力の客観的範囲
第18章 争点効・反射効
第19章 既判力の主観的範囲
第20章 通常共同訴訟と必要的共同訴訟
第21章 共同訴訟の審理原則と同時審判申出訴訟
第22章 補助参加の利益
第23章 参加的効力と訴訟告知
第24章 独立当事者参加
第25章 訴訟承継と第三者の訴訟引き込み
第26章 上訴
第27章 国際裁判管轄

レビュー

※口コミの全文を読むためには、無料会員登録が必要です。

3.31
5 星
0%
4 星
0%
3 星
100%
2 星
0%
1 星
0%
内容
4.50
コスパ
2.50
おすすめ度
3.00
1 - 1 を表示しています
入門書?判例集?
3.3
|
ケースが判例をベースとしたものであるため、本書を一通り読めば民事訴訟法の重要判例はほとんど抑えることができているはずである。 民事 […]

※旧版の口コミも含みます。

カンタン1分登録で今すぐ会員になりませんか?

法律書籍に特化した会員限定の口コミサイトだからこそ、クオリティーの高い口コミが投稿されています。
会員は、すべての口コミを無料で閲覧することができます。あなたの情報収集が段違いに楽になります。

error: Content is protected !!
Scroll to Top