ケースブック労働法の書評・口コミ
3.02
カテゴリー
紹介文章

紹介

判例から法律上の問題点を抽出し、既存の法理の応用として新しい問題に対処できる能力を養成する法科大学院用テキスト。判例の新たな展開に適合させ、構成をよりわかりやすくし質問を充実させた最新版。基礎的な問題から応用問題へと”Questions”が学生の思考を導いてゆく。

目次

労働法の基本法-労働基準法、労働組合法、労働契約法、労働契約法理
労働関係の成否
労働契約と就業規則-労働関係を規律する就業規則の効力
就業規則の変更-労働条件の変更(1)
解雇の制限と救済方法-期間の定めのない雇用の打切り
有期雇用・パート労働者
採用・採用内定・試用期間-労働契約関係の初期段階の法律関係を理解する
賃金請求権-賃金請求権の発生と変動・賃金の支払方法・休業手当
人事考課・降格
配転・出向・転籍〔ほか〕

レビュー
3.02
5 星
0%
4 星
0%
3 星
100%
2 星
0%
1 星
0%
内容
3.00
コスパ
3.00
おすすめ度
3.00
1 - 2 を表示しています
百選に掲載されていない裁判例もあって+。ただ、独学なら百選など他の判例集を。
3.0
|
ローでの講義において指定のケースブックでしたので購入。 個別的労働関係及び集団的労働関係に関する重要な判例・裁判例の事案と判旨、 […]
労働法の重要判例が網羅
3.0
|
ロースクール用の教材なので、基本的には、レクチャー付きでないと理解が難しいと思います。ただ、労働法の重要判例が網羅されており、ほ […]

※旧版の口コミも含みます。

投稿者情報
人気書籍

カンタン1分登録で今すぐ会員になりませんか?

法律書籍に特化した会員限定の口コミサイトだからこそ、クオリティーの高い口コミが投稿されています。
会員は、すべての口コミを無料で閲覧することができます。あなたの情報収集が段違いに楽になります。

error: Content is protected !!
Scroll to Top