刑事訴訟法(酒巻)の書評・口コミ
4.07
カテゴリー
紹介文章

紹介
刑事手続を造形している諸制度の趣旨・目的とそこから導かれる法解釈論の筋道,刑事手続という法制度の全体構造と作動過程を透徹した視点から鮮やかに描き出す。旧版刊行以降の重要な新判例と法改正を織り込み,編末や章末に参考文献を掲げた。

目次
序 刑事手続の目的と基本設計図
第1編 捜査手続
第1章 総説/第2章 捜査の端緒/第3章 被疑者の身体拘束/第4章 供述証拠の収集・保全/第5章 捜索・押収/第6章 検証・鑑定/第7章 その他の捜査手段/第8章 捜査の終結/第9章 被疑者の権利
第2編 公訴
第1章 公訴権の運用とその規制/第2章
公訴提起の要件と手続/第3章 審理・判決の対象
第3編 公判手続
第1章 総説/第2章 公判手続の関与者/第3章 公判の準備/第4章 公判期日の手続/第5章 特別の手続/第6章 裁判員の参加する公判手続
第4編 証拠法
第1章 証拠法・総説/第2章 証拠能力・総説/第3章 違法収集証拠排除法則/第4章 被告人の供述/第5章 被告人以外の者の供述
第5編 裁判
第1章 裁判の意義と種類/第2章 実体裁判/第3章 形式裁判/第4章 裁判の確定とその効力
第6編 上訴
第7編 非常救済手続

レビュー
4.07
5 星
29%
4 星
43%
3 星
29%
2 星
0%
1 星
0%
内容
4.00
コスパ
N/A
おすすめ度
4.00
1 - 7 を表示しています
定評のある基本書
4.0
|
酒巻先生の刑事訴訟法2版では、参考文献が章末に書かれています。これらの参考文献は司法試験、また、ロースクールの予習にも非常に有益な […]
初版を持っているならば…
3.0
|
法学教室の連載を書籍化したものです。文章も趣旨から丁寧に説明されており,図などがありませんが,読んでいてスラスラ読み進められます […]
松尾門下の信頼出来る1冊
5.0
|
ハードカバー,頁数が多い,値段もそこそこ高いため,手を出す学生は少ないように思えるが,個人的には刑事訴訟法の本の中でいちばん信頼 […]
私にはイマイチでした
3.0
|
評価が比較的高いようですが、私には合いませんでした。 例えば、伝聞。 この本の伝聞は絶品という評価を聞いたことがありますが、私は読 […]
刑事訴訟法はここから初めるべき
4.0
|
刑事訴訟法は、学者ごとにそもそもの体系が違ったり説も百家争鳴に近い状態にある学問ではあるが、その中でもリークエは判例、通説に沿っ […]
バランスの取れた基本書
4.0
|
判例実務をベースに、バランスの取れた基本書。有力な学説に対する言及もされているため、司法試験対策用のインプットとしては、本書で足 […]
リークエ+古江本で十二分
5.0
|
刑事訴訟法の人気の演習書である古江本とリークエを読み込めば、司法試験の問題は、怖くありません。 法律家の卵

※旧版の口コミも含みます。

投稿者情報
人気書籍

カンタン1分登録で今すぐ会員になりませんか?

法律書籍に特化した会員限定の口コミサイトだからこそ、クオリティーの高い口コミが投稿されています。
会員は、すべての口コミを無料で閲覧することができます。あなたの情報収集が段違いに楽になります。

error: Content is protected !!
Scroll to Top