法学を学ぶのはなぜ?の書評・口コミ
5.01
カテゴリー
紹介文章

紹介

「法学ってどんなことを学ぶの? 法律とか,条文…とか。なんだかつまらなそう…」
わかります! でも少しだけ,この本を開いてみて──。「ことば」を通して社会を変えていく,そんなダイナミックな法学の世界,その魅力をお届けします。

目次

第1章 法はなぜ必要か?
第2章 法のはたらき
第3章 さまざまなルール
第4章 法を使う
第5章 法をあてはめる
第6章 法を使う:応用編
第7章 法を作る
第8章 法学ってなに?

◆エッセイ
飯田幸子(弁護士)/井田 良(中央大学)/大屋雄裕(慶應義塾大学)/小貫
篤(筑波大学附属駒場中高等学校)/笠木映里(ボルドー大学)/小島慎司(東京大
学)/島田裕子(京都大学)/松井秀征(立教大学)/山下純司(学習院大学)/山
城一真(早稲田大学)

レビュー
5.01
5 星
100%
4 星
0%
3 星
0%
2 星
0%
1 星
0%
内容
5.00
コスパ
5.00
おすすめ度
5.00
1 - 1 を表示しています
法律を学ぶ全ての人が読むべき
5.0
|
なぜ法律は、要件と効果の組み合わせから成り立つのか?このことについてあなたは、説明することは出来ますか。即答できない方は、本書を […]

※旧版の口コミも含みます。

投稿者情報
人気書籍

カンタン1分登録で今すぐ会員になりませんか?

法律書籍に特化した会員限定の口コミサイトだからこそ、クオリティーの高い口コミが投稿されています。
会員は、すべての口コミを無料で閲覧することができます。あなたの情報収集が段違いに楽になります。

error: Content is protected !!
Scroll to Top