憲法学読本の書評・口コミ

基本情報
出版社
有斐閣
価格
¥2,970
発売日
ページ数
412頁
特徴
ソフトカバー
ハードカバー
事項索引
判例索引
条文索引
横書き
縦書き
内容紹介

立憲主義の背景にある歴史・原理に力点をおきつつ,それらが現在の憲法にどう生きているかを平易に示す。コンパクトながら,重要な事項・判例を網羅し,一冊で憲法全体を一通り学べる。近年の重要判例や,憲法をとりまく情勢の変化などもふまえ改訂。

目次

第1部 憲法総論
第1章 総論・憲法史
第2章 象徴天皇制
第3章 平和主義
第2部 基本的人権
第4章 人権総論
第5章 包括的基本権
第6章 法の下の平等
第7章 思想・良心の自由および信教の自由
第8章 表現の自由・集会結社の自由・学問の自由
第9章 経済的自由
第10章 刑事手続上の権利
第11章 参政権・国務請求権
第12章 社会権
第3部 統治機構
第13章 統治の基本原理
第14章 国 会
第15章 内 閣
第16章 裁判所
第17章 憲法訴訟
第18章 財政・地方自治・国法の諸形式

レビュー

※口コミの全文を読むためには、無料会員登録が必要です。

4.51
5 星
100%
4 星
0%
3 星
0%
2 星
0%
1 星
0%
内容
4.50
コスパ
4.50
おすすめ度
4.50

※旧版の口コミも含みます。

カンタン1分登録で今すぐ会員になりませんか?

法律書籍に特化した会員限定の口コミサイトだからこそ、クオリティーの高い口コミが投稿されています。
会員は、すべての口コミを無料で閲覧することができます。あなたの情報収集が段違いに楽になります。

憲法の人気書籍
error: Content is protected !!
Scroll to Top