刑法演習ノート: 刑法を楽しむ21問の書評・口コミ
5.01
カテゴリー
紹介文章

紹介

刑法の面白さが実感でき、即戦力が養える演習書、最新版!

自分が登場人物の1人になっているかのような臨場感溢れる「設問」でスタート。
長文の文中から解釈・適用に重要な要素を拾い上げる訓練=試験対策にも最適。
解説を読む前に、まず、実際に答案を書いてみると、起案構成力が自然に身につきます。
法科大学院で、授業の効果をはかるために出題したいと思うような21問が勢揃い。
具体的な出来上がりのイメージを示すための解答例も付いた、刑法を実戦的に学ぶための演習書。
平成29年改正、新法令の制定、重要判例などを盛り込んだ、4問の新作問題も嬉しい最新版。

目次

1. 故意煩い
2. とんだこんだの勘違い
3. 幸せな夫婦の暗転
4. 迷える羊の帰還
5. 忘れ物にはくれぐれもご注意下さい
6. うまい話には裏がある
7. 女心は春の空、男心は秋の空
8. お仕事の邪魔・嫌がらせアラカルト
9. 血が酩酊するとき
10. 盗んだバイクで走り出す~
11. 僕は「ボク」で「オレ」は僕でなく
12. パチンコは適度に楽しむ遊びです
13. 妻の嘘と夫の嘘
14. 華麗ならざる犯行
15. マル暴はマル秘事項?
16. 替え玉受験の顛末
17. 組長のためなら
18. テミス像の声
19. 刑法好きの若頭と強盗犯の同士討ち
20. ヴェルディのオペラ「リゴレット」より
21. 天網恢恢疎にして漏らさず
【事項・判例索引】

著者プロフィール

只木 誠  (タダキ マコト)  (編集

中央大学法学部教授(2022年2月現在)

北川 佳世子  (キタガワ カヨコ)  (著/文

早稲田大学大学院法務研究科教授(2022年2月現在)

十河 太朗  (ソゴウ タロウ)  (著/文

同志社大学大学院司法研究科教授(2022年2月現在)

髙橋 直哉  (タカハシ ナオヤ)  (著/文

中央大学大学院法務研究科教授(2022年2月現在)

安田 拓人  (ヤスダ タクト)  (著/文

京都大学大学院法学研究科教授(2022年2月現在)

安廣 文夫  (ヤスヒロ フミオ)  (著/文

中央大学大学院法務研究科フェロー(2022年2月現在)

和田 俊憲  (ワダ トシノリ)  (著/文

東京大学大学院法学政治学研究科教授(2022年2月現在)

レビュー
5.01
5 星
100%
4 星
0%
3 星
0%
2 星
0%
1 星
0%
内容
5.00
コスパ
5.00
おすすめ度
5.00
1 - 1 を表示しています
良問揃いです
5.0
|
長文事例の良問揃い 捻った難問も多く刑法事例演習教材じゃ物足りない人におすすめ 司法試験の傾向変化で長文問題がそのまま聞かれる事は […]

※旧版の口コミも含みます。

投稿者情報
人気書籍

カンタン1分登録で今すぐ会員になりませんか?

法律書籍に特化した会員限定の口コミサイトだからこそ、クオリティーの高い口コミが投稿されています。
会員は、すべての口コミを無料で閲覧することができます。あなたの情報収集が段違いに楽になります。

error: Content is protected !!
Scroll to Top